労働時間・休憩・休日・休暇

2/3ページ

法定休日を特定していない場合の休日出勤

休日割増の対象となる休日労働 4週間で4日の変形休日制を取っていない場合、1週間に1日の休日が必要になります。 1週間の起算日から連続7日間勤務した場合、1週間に1日の休日を取得できません。 休日出勤した1日について、休日労働の割増賃金(35%増し)を支払うことになります。 この場合、どの日が割増対 […]

休日、休暇、休業、休職の違い

休日、休暇、休業、休職は、どれも会社を休むことですが少しずつ意味合いが異なります。 違いは何でしょうか? 休日 休日は、労働する義務が無い日のことです。 休日には、労働基準法で定められている法定休日と、会社が独自に定める所定休日とがあります。 休暇 休暇とは、労働する義務がある日に、会社がその労働義 […]

休憩中にやってはいけないこと

休憩中に会社が従業員にさせてはいけないこと 会社は休憩中に仕事をさせてはいけません。また、休憩中に行える行為について、従業員の私的な行為に制限を持たせてはいけません。 休憩時間は自由に利用させなければならない(労基法 第34条第3項) 昼の電話番も勤務 時々、昼の休憩時間に、昼ごはんを食べながら電話 […]

ダブルワーク(兼業・副業)と割増賃金の支払

労働時間の通算 従業員がダブルワークなど複数の事業場で働いている場合、それら全ての事業場での労働時間を通算します。 通算して求められた労働時間が1週40時間、1日8時間を超えた場合には、割増賃金の支払い義務が生じます。 この事業場とは、同一事業主による事業場だけではなく、事業主が異なる場合も含みます […]

休日の振替のルール 1年単位の変形労働時間制の場合

振替休日と代休はまったく違うもの 振替休日(休日の振替)と代休にも書いてありますが、振替休日と代休は内容が似ていますが、労働基準法上全く異なる制度です。 振替休日は、あらかじめ(休日労働する前に)、替わりに休日になる日(本来の労働日)を指定して、休日と労働日を入れ替えるもの。 代休は、休日労働をした […]

フレックスタイム制と年次有給休暇

フレックスタイム制の対象者に、年次有給休暇の計画的付与ができるのか? A: 可能 フレックスタイム制の対象者も、年次有給休暇の計画的付与の対象となる フレックスタイム制は、所定労働日の労働時間について、始業・終業の時刻を労働者本人に委ねる制度。労働日や休日は、労働者が自由に決定できない。 所定労働時 […]

出勤後、すぐに休憩を取らせても良いか

出勤してすぐに休憩を取らせても良いものでしょうか? A:できない。 労基法では、休憩は労働時間の途中に与えなければならないとされており、出勤して直ぐに取る休憩時間は「労働時間の途中」ではないため労基法に違反します。 労基法では、労働時間の途中に休憩時間を与えることを使用者に義務付けています。 これは […]

フレックスタイム制

フレックスタイム制とは 1か月以内の一定の期間(清算期間)の総労働時間を定めておき、労働者はその総労働時間の範囲内で各労働日の労働時間を自分で決める制度。 始業時刻、終業時刻も労働者が自ら決定する。 休憩時間、休日は労働者の決定にゆだねない。 フレックスタイムは年少者には適用できない 満18歳未満の […]

フレックスタイム制に関するQ&A

フレックスタイム制の設計 コアタイムを個別に設定できるか? 対象労働者の出退勤の自由が確保されていれば、部署別・個人別にコアタイムを設定する事も可能 ただし、個別に設定すると、実務上で煩雑な処理が生じるデメリットがある 労使協定で、すべてのコアタイム、フレックスタイムの時刻を定める必要がある コアタ […]

遅刻と残業の相殺は可能か

遅刻した時間分と残業時間を相殺できるか 遅刻した時間と、遅刻したその日に残業した時間を相殺することは問題ない。 遅刻した時間と、遅刻した日とは別の日に残業した時間を相殺する事は違法。 例えば、1日の所定労働時間が8時間の場合で、次のようなとき イ) 遅刻1時間、当日残業1時間 ロ) 遅刻1時間、翌日 […]